ビキニライン お手入れ

なかなか聞けないビキニラインのお手入れ方法

水着を着るにあたって気をつけることは、お腹の肉よりもビキニラインのお手入れです。ビキニラインのお手入れは、家庭でも出来る方法が有り、一般的には、カミソリで剃ったり、ワックスや毛抜きで抜く、除毛クリームで溶かすなどがあります。 なかでも、カミソリで剃ることは、簡単に行うことができます。カミソリで剃るとまたすぐに毛が生えてくるというデメリットがありますが、手足や脇の下と比べると常に人の目にさらされる場所ではないため、水着を着る年に数回のときに処理をしても問題はないからです。また、ビキニラインは、非常にデリケートな場所であるため、ワックスや毛抜きで無理やり抜くと毛穴が開いてしまい、雑菌が入り繁殖するおそれがあります。他にも、下着がこすれて黒ずみの原因にもなります。

カミソリを使ったビキニラインのお手入れを行う際には、切れ味の良いカミソリを使うことと、剃る部分の肌を事前に清潔にしておくことが大切です。剃る際には、体が温まっている時が適しているため、お風呂の時に行うことがベストとされています。水分を軽く拭き、剃る部分には、シェービングフォームなどを塗ります。逆剃りは、肌を痛める原因になるため、毛の流れに逆らわないように45度の角度で上から下へ沿っていきます。剃り終わったあとは、冷たい水で毛穴を引き締め、清潔なタオルで吹きます。肌が沈静化する5時間から6時間してからローションを塗ります。 最近では、ムダ毛の先を丸くなるようにカットする電動シェーバーもあります。様々な理由からムダ毛を自己処理で済ましている方も多いと思いますが、TBC 口コミにある通り、実際に行ってみると「早く脱毛していれば良かった」と後悔する人も多いようです。なので是非脱毛サロンでの脱毛も検討してみて下さい!

ビキニラインのお手入れは自己処理よりもサロンでの脱毛がおすすめ?

夏場は水着姿が何かと気になるものです。体型であったりバストサイズであったりも悩みのタネですが、アンダーヘアのお手入れは万人共通の悩みでしょう。
皆さんは、どのようなお手入れ方法でどんな形にしているでしょうか。アンダーヘアの形を整えるのは自分ではなかなかできないものですよね。
ビキニラインというのは、とても敏感な部位なので、カミソリ負けもしやすいですし、毛抜きを使うのは痛みが伴ってしまいます。また、敏感な部位だけに、何度もカミソリで剃毛してしまうと、肌表面がダメージを受け、色素沈着の原因にもなってしまいます。
色素の沈着を予防するためには、ビキニラインにも美白美容液を塗るのが効果的といえます。ですが、それでも剃毛の度に肌が傷付いているのには変わりありません。
では、面倒なお手入れから解放され、肌がダメージを受けないような方法というのはないのでしょうか。
実は、「全身脱毛」という選択肢があります。脇の脱毛は有名でも、ビキニラインまで脱毛できるというのは、知っている人は少ないかもしれません。ですができるのです。
永久脱毛であれば、施術後は面倒なお手入れからも肌トラブルからも解放されます。最近アリシアクリニック 評判がとても良く、現在では機器の技術も向上しており、メスなども使わないため、傷が残る心配もないですし、選択した脱毛方法によっては、痛みもあまり感じることなく施術を受けられます。
ビキニラインのお手入れや色素沈着などの肌トラブルにお悩みの方は、早いうちに「脱毛」という方法も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

脱毛終了までの回数は何回?

徹底的にきれいにムダ毛処理ができることで人気の、脱毛サロンでの脱毛。 中でも近頃脱毛サロンで主流になっている脱毛方法というのが光脱毛です。 各脱毛サロンによって様々なコースがあり料金も異なるため、初めて光脱毛をする人の中には何を基準に選んだらよいのかわからないといった人や、疑問点があって不安という人も多いようです。 特に多くの人が気になる点として挙げるのが、脱毛の終了までの回数です。 医療レーザー脱毛だと大体5、6回ですが、脱毛サロンなら5〜7回程度の複数回コースあるいは回数無制限のコースを設けていることが多く、もちろん無制限コースの方が高額となります。ミュゼ Vラインが何度でも脱毛できるコースが用意されています。
しかし5〜7回で本当に脱毛が終了するのかが不安で、無制限コースを選ぶべきか悩む人も多く見られます。 実際のところ、一般的に言って光脱毛は5〜7回で一通りの脱毛が完了する効果があり、毛周期に合わせて2〜3ヶ月おきに1回の施術を計5〜7回繰り返すことで、ムダ毛はほぼ半永久的に生えてこなくると口コミでも多く意見されています。
しかしムダ毛が濃い人などでは7回以上施術してもまだ生えてくるという場合もありますので、その際は回数無制限のコースを受ける方が安心であるとは言えます。
自分のムダ毛の状態に合わせて、またサロンでカウンセリングの際に相談してどのコースを選ぶか決定することが推奨されます。